静岡県柔道整復師会   動画アーカイブ


【親子で学ぶケガ・転倒予防教室】
親子で学ぶケガ・転倒予防教室が7月22日(水)社団より6名の講師により静岡市沼上保育園で開催されました。この教室の特長はケガを予防する上手な転び方を学ぶ教室であります。大人46名、子供22人(年長)が参加しました。座学では上手な転び方として「丸くなって転がる」頭をぶたない為に「顎を引く」舌を噛まないために「口を閉じる」腕を骨折しない為に「手を八の字型に突く」等を学びました。又、幼児期より柔軟性を維持する(ストレッチ体操)事の重要性も学びました。そして、俊敏力・バランス向上訓練の為の柔体操を行いました。講師二人による柔道の形を見学しました。その後子ども達は柔道着を着て基本の受身の練習を致しました。
【保育園の園児からの感想文PDF掲載】



平成20年10月11日と12日に静岡ツインメッセで開催され、静岡県柔道整復師会として4回目の出展をいたしました。

  総入場者数3,5000人。今回から県対応での事業となり、スタッフも充実し社団の幟を立てスタッフジャンパーも新調。

株)テクノリンクの協力も頂いて高周波治療器(テクトロン)を2台用意して接骨院というものの一部を体験してもらいました。今回のアンケートは前回の調査結果を踏まえて、接骨院は保険が使え、丁寧で親切で適切に治療してくれるという事を理解して頂ける様に市民の皆様に知って頂く事を目的としました。

実際に市民の皆様の声をお聞きすると良く判るのですが、接骨院はまだまだ認知されておりませんでした。最近各支部から多くのボランティア報告が寄せられて来ますが広報部としてこれほど頼もしい報告はありません。どうかこれからも積極的に地域の行事に参加をし、私達「接骨院」というものの仕事をアピールして頂きたいと思います。

今回、静岡県柔道整復師会のブースの総入場者は820名でアンケートは788名の方に協力していただきました。健康フェアー08にご協力頂いた皆様に心から御礼申し上げます。
(報告:上杉 一寿)






 



戻る